ピックアップ
クック諸島への渡航について(4月14日更新)

日本でも新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大が心配される日々が続いていますが、実際、日本からクック諸島に行くことは可能なのでしょうか? 以下はクック諸島観光局本部のウェブサイトに記載されている入国のための手引きです。手続きを行えば日本の旅行者の方も入国は可能のようですが、通常とは異なる多くの手続きが必要な事と、随時変化する新型コロナウイルスの世界的感染状況を考えるとかなりハードルは高そうです。参考までに、現状の必要な手続きについてまとめてみました。


以下、クック諸島観光局本部ウェブサイトより抜粋


すべての旅行者が満たさなければならない4つの重要なチェックリスト要件

  • 予防接種を受け、その国から発行された正式な予防接種証明書を持っていること。
  • 出発から96時間以内にオンラインのCOVID-19情報フォームに記入されていること。
  • クック諸島の通常の入国要件を満たしていること。
  • ニュージーランド国内で実施されたCOVID-19検査の結果が陰性であることを示す必要な渡航書類を、以下のいずれかから提出すること。
  1. オークランド出発前24時間以内に、監督下で行われた迅速抗原性試験(RAT)を受けていること。ニュージーランド国外からの旅行者は、オークランド国際空港から出国し、オークランドからのフライト出発の24時間以内にRATを受ける必要があります。
  2. RT-PCR検査はオークランド出発の48時間前までに受けてください。

ワクチン接種義務の免除

5歳3ヶ月未満のお子様

注意:小児はラロトンガ島への入国のみ許可されています。アイツタキおよび離島への入国は、追って通知があるまで許可されません。


以上、クック諸島観光局本部ウェブサイトより抜粋 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事